車検にかかる3つの費用とは?

車検ってどうがんばっても万単位でお金がかかるものですよね。
しかし、そもそも車検にかかる費用にはどんなものがあるのでしょうか?
ちょっと調べてみたところ、車検にかかる費用は法定費用・車検基本料金・部品交換代の大きく3つに分けることができそうです。
まず法定費用ですが、法定費用は「自動車重量税」「自賠責保険」「印紙代」で、これらには消費税は課税されません。
そして車検基本料金は定期点検料、(測定)検査料、代行手数料が含まれています。
部品交換代はそのままの意味合いですが、タイヤやブレーキパッドなどの点検・交換代のことをいいます。
特に部品交換代は車の状態によっても大きく変動のある費用であるため、金額の違い(差)がでるのはここだと思います。
最近はどこの業者でも、もちろん正規ディーラーでも「まだ交換の必要ないもの」は交換しないようになっているそうです。
「まだ使えたのに交換されてしまった」などないように、事前に「どこどどう整備するのか」等、業者に確認しておくのが良いかもしれませんね。
その上でもし「自分でも交換できそう」と思うような箇所があれば自分でやってしまうのもアリなのかもしれません。